傷つかないように子どもへワキガを伝える方法とは?!

ワキガの原因は、脇にあるアポクリン汗腺が大きな影響を及ぼしています。

アポクリン汗腺の数は生まれつき決まっており、ワキガ体質の人はその数が多いことが要因となっています。

ワキガは通常、脇毛の発毛時期に発症することが多く、二次性徴期にかけて見られるようになります。

性ホルモンが、アポクリン汗腺の働きを活発にさせるのです。

女性の場合は、妊娠や出産、月経による性ホルモンの影響があるため、ワキガの症状が一時的に出る場合があります。

二次性徴期といえば、中学生あたりの年齢をイメージするかもしれません。

しかし最近では、小学校高学年から二次性徴期が起こることも多く、ワキガの悩みも低年齢化が進んでいるとも言われています。

またワキガは遺伝することも多いので、子どもがワキガとわかった場合、その対応に悩む親も多いかもしれません。

そのため、子どものワキガに対しては、親と子が上手く向き合う必要があります。

本人が気が付かないケースは多い


ところで、ワキガは体臭の一部のため、本人は気がついていない場合もあります。そ

のため、子どもが傷つかず、自然とニオイ対策に取り組めるようにすることが大切です。

例えば身だしなみの一環として、制汗スプレーをつけることを習慣にさせる方法があります。

とくに中学生や高校生になると、部活動もハードになります。

また思春期の場合、ワキガの体質でなくても、多くの子が汗のにおいを気にするようになります、そのため、マナーの一環として、ニオイ対策に取り組めることができます。

ワキガがきつい場合は、クリームタイプのものを渡すのもいいでしょう。

ワキガが臭うということを直接避け、「汗をたくさんかくからつけなさい」というアプローチで説明するといいかもしれません。


また体質によっては、思春期よりも早くワキガを発症させてしまう場合もあります。

そういった場合は、日頃からケアできる体制を整えることが大切です。

顔を洗ったり、歯を磨いたりするように、ワキガのケアも当たり前の習慣とするのです。

ほかにも、着替えや洗濯において、同じ服を二日続けて着ない、汗をかいたらまめに着替えるなどのルールを定着させることも効果的です。


ニオイに対する問題は、親子どうしの信頼関係も影響します。

とくに思春期の場合は、反抗期もあるので、伝え方ひとつで関係がぎくしゃくしてしまう場合もあります。

しかし最終的にワキガで悩みを抱えるのは本人です。

親としては、ニオイ対策も社会的なマナーの一環として、自然に伝えることが大切なのかもしれません。