手術の効果

ワキガの手術で脇汗・ニオイをどれくらい抑えられるようになる?

深刻なワキガに悩む人の場合、手術によってワキガを治療することも真剣に考えるものですが、肝心なのは手術を行うことによってニオイ・脇汗をどれくらい抑えられるようになるかという点です。せっかく手術を行ってもあまり症状が改善されないのでは意味がありませんから、これは非常に大切なポイントです。アポクリン汗腺を切除すると、大体ニオイは70~80%、脇汗は50%くらい抑えることができます。せっかく手術をするのに100%ではないのかとがっかりする人もいるかもしれませんが、100%完全にワキガ・脇汗の悩みを解決するとなると脇の皮膚を全て切除しなければなりません。脇の皮膚を全て切除してしまえば、人体の構造上、腕を上げることができなくなってしまいます。現実的に難しいことと言えますから、これは仕方のないことでしょう。

ニオイを70~80%、脇汗を50%抑えられるというのは、ワキガに悩む人にとっては非常に大きな成果です。元の2~3割しか臭わなくなる、汗も半分しかかかなくなるということは大幅にワキガ・脇汗のストレスから解放されることになりますし、日常的なケアもグッと楽になりますから、夏場の汗やニオイに悩んでいるのであれば、思い切って受けるべきと言えます。脇汗というのはワキガでない人も日常的にケアを行うものですし、人並み程度のケアで済むようになれば、毎日のニオイ対策も辛いことは無くなってくるでしょう。深刻なワキガの人にとっては、市販のデオドラントアイテムによるケアでしっかりニオイを抑えられるということ自体、夢のようなことですから、手術を受けることで毎日のケアにも前向きになっていけます。

深刻なワキガは保険適用で手術を受けることが可能です。手術の種類や程度によって差はあるものの負担も少なく、日帰りで手術を行うことも可能です。ワキガの手術というと大げさな印象を受ける人もいるかもしれませんが、実際にはワキガに悩む多くの人が手術を受けていますし、なかには子どもでも手術を受けているケースがあります。汗だけならまだしも、ワキガのニオイというのは他人に非常に不快な思いをさせるものなので、自分が気にならないから良いという考えではなく、人間関係や社会生活を円満にするためにも前向きに手術を検討していくことをおすすめします。ワキガの手術を行うと脇のムダ毛も減るため、日々のムダ毛のケアに悩む人にとっても嬉しい点は多いと言えます。

コメントを残す