ワキガの治療

ワキガの治療はどんなもの?

ワキガのニオイを完全に抑えるためには汗をかかないしかありませんが、実際には生きていく上で汗をかかないということは不可能です。では、ワキガの人は一生ワキガと付き合っていかなければならないのかというとそういうわけでもなく、手術をしてワキガのニオイの原因となる汗をかくアポクリン汗腺を除去してしまえば、嫌なニオイとお別れすることが可能です。物理的にアポクリン汗腺を断ってしまえばニオイの元となる汗をかくこともなくなりますから、予防やデオドラントケアではどうにもならず、ワキガであることのストレスに悩みたくないというのであれば、思い切って手術を受けて治療してしまうと良いでしょう。

ワキガの治療は皮膚科や形成外科で受けられます。アポクリン汗腺や皮脂腺を切除する方法、電気の力で破壊する治療、ボトックス注射で発汗を抑える方法など、様々な治療法があります。ワキガの程度や治療方針などによって勧められる方法も違ってきますが、根本的に解決したいのであれば、切除によってアポクリン汗腺を切ってしまうのが確実です。治療方法によっては保険も利きます。比較的身近な病院で受けやすいことから、常にワキガが臭っていないか気になってしまうような人は、まずは医師に相談をしてみると良いでしょう。

ワキガの手術となると大袈裟に感じる人もいるかもしれませんが、ワキガは自分では気づきにくく、しかし他人には非常に不快な思いをさせてしまう、とても厄介なものです。人間関係に大きな支障をきたすことも珍しくありませんので、抑制や予防ではなくきちんと治してしまいたいというのであれば、思い切って手術を受けてしまった方が後々悩むこともなくて済みます。毎日のデオドラントケアもぐっと楽になるなど、手術で治療をすることには多くのメリットがありますから、ワキガに憂鬱な思いを抱えている人は前向きに検討してみることをおすすめします。

治療の方法によってはやっぱり汗をかいてしまい、ニオイが完全に断てるわけではないといったこともあります。医師に相談して、完全に治せるわけではないと説明された際にも、じっくりと考えた上で決断してください。軽度のワキガであれば、市販のクリームなどで対処することも可能です。完全にニオイを抑えられなくてもニオイが劇的に軽減することも多いですから、深刻なワキガの人の場合には何らかの治療を受けてみた方が悩みが改善されるのは間違いありません。

コメントを残す